フリープランでローマに行こう ローマはヨーロッパ初心者でもオープントップバスで簡単に回れます

イタリア
この記事は約6分で読めます。
    この記事を書いた人

世界20ヵ国を個人旅行してきました。お値段以上の満足感を得られる旅にする方法を考え続けて40年。海外旅行だけでなく、国内旅行、各種フリーきっぷ、名古屋観光ルートバス「メーグル」も得意です。お得な情報を発信していきます。

ぴくをフォローする

ローマにやってきました。

読者さん
読者さん

フリープランでローマに来たけど

その後どうやって回るの?

ぴく
ぴく

ローマは 添乗員つきツアーでなくても回れるよ。

オープントップバス徒歩で 初心者でも大丈夫。

まずは 1・2日目の旅行記です。

ローマは 初心者でも簡単に回れます。

オープントップバスと徒歩で 
1日では回れないほどの観光名所に行けます。

スポンサーリンク

セントレア出発からホテルまで

最寄りの空港は 中部国際空港。愛称セントレア。

セントレアからローマ直行便は出ていません。

どこで乗り換えるか?

「ヨーロッパまで 最速」をうたい文句にしている

フィンエアー

フィンランドの航空会社です。ローマと名古屋を直線でつなぐと途中にフィンランドがあります。
時間のロスが少ないところがいいですね。

フィンエアーもWEBチェックインしておくと並ばずにすみます。

席は STWさんが すでに 並び席で取ってくれていました。

並び席を取ると別料金の旅行社もあるので 良心的ですね。

9時間くらい乗るとフィンランドのヘルシンキに着くので

降機して 休憩 乗り換えします。

ぴくは 9時間くらいで 休憩できて好きなんですが 娘は

乗り換え疲れる~

直行便がいい~

と 言ってました。

この辺りは好みですね。

フィンエアーの機内食。長距離なので2回出ます。

こてこての和食。

2食目はジャージャー麵を選んでみました。
コップやナプキンがマリメッコ柄
コラボしているんです。
この画像から1ミリもヨーロッパの香りがしませんね。 (笑)

マリメッコ柄のフィンエアー機。

かわいいね。

ムーミンショップがあります。

送迎を頼んだよ

ぴくは 初ヨーロッパだったので
プライベート送迎を頼みました。

アーモイタリアさんで 60ユーロ。
空港の出口に迎えにきてくれます。
プライベート送迎なので すぐに ホテルに向かえます。

長旅で疲れているので
ここは 奮発します。

綺麗なおねえさんの送迎でテンション上がりました。

空港からホテルまで快適に送ってくれます。

ホテルジェノバ

泊まったホテルは

ホテルジェノバ。

ローマなのに ジェノバです。汗

イタリアに来たせいか
部屋の備品もおしゃれにみえる。

椅子なんか革張りで素敵。
細かいところがおしゃれ。

ちゃんと バスタブつきでした。
バスルームの色使いが私好み。

朝食には いろんなパンがありました。

朝食のジャンル的には 「コンチネンタル」なので
豪華ブッフェみたいじゃありませんが
普通の朝食としては十分です。

クロワッサン ハム ソーセージ ヨーグルト 果物などをコーヒーと共にいただきます。

ローマ市内観光 オープントップバス

ローマ市内の回り方ですが

オープントップバスを おすすめします。

日本で チケットが買えます。(15ユーロ当時)

今の値段を調べてみたら ちょっと違うタイプのバスですが 
24時間で25ユーロ(HIS)。

24時間だと2日間使えるので いいですね。

8月なので 朝早くの涼しい時間に乗ってみます。
乗ってみると こんな 感じ。
高い位置から 観光できるので 快適です。
後ろの建物は テルミ二駅です。

コロッセオにきました。

コロッセオだー!

でも 自分でもなぜかわかりませんが
下りようともせず。

チルコマッシモとパラティーノの丘

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

サンタンジェロ城

わー バチカン市国だー
しかし 下りようともせず。爆

バスに乗っていると快適なので降りる気にならない。

バチカンすごい人ですね。

スペイン広場 スリと ティラミスと ランチ

このままではいかん 1周乗ってしまうわ と ようやくスペイン広場のそばで下車。

ところが 迷ってしまって 丘の上に行ってしまいました。

そこで スリの一家を見たのです。

旅に出る前に

イタリアには手元を段ボールで隠してスリをする人がいる

という情報を得ました。

ぴく
ぴく

そんな 怪しい人がいたら みんなスリって気づくでしょ?

ガセ情報ですか~?

と 思っていたら 本当にいました

道の反対側の歩道に 段ボール片を持った 怪しい一家が!

怖いと いうより 興味ありすぎて ガン見しちゃいました。

みんなは見ちゃだめよ。

ようやく丘の上から スペイン広場にたどり着きました。

ローマの休日気分で 写真を撮る。

馬車もいます。

ポンピのティラミス。
スペイン広場のそばにお店があります。

ティラミスが有名なのに ジェラートを買う娘。
マンゴとカフェ。これはこれでおいしそう。

昼食は アンテイカエノティカ

ローマ風ピザがパリパリでおいしい。

レストランから出たら スペイン広場の込み具合がマックスに。

こんな フルーツ屋台もありました。

トレビの泉

歩いてトレビの泉に向かいます。

トレビの泉は 工事中 泣。

泉の水がない。

でも 足場が組まれていて 普段は近づけない 彫刻作品が間近に見られます。
触れそうな近さ。

パンテオン

歩いてパンテオンに移動。
パンテオン 思ったより 大きな建造物でした。

パンテオンの天井には丸い穴が開いています。

そこから 太陽光がもれています。

神々しい雰囲気です。

天井の穴から 青空が見えるよ。

ナボーナ広場

さらに歩いて ナボーナ広場にやってきました。

ナボーナ広場 すごく素敵で 気に入りました。

あまりに暑いので 早速カフェに。
フルーツスムージー。

天井からはミストがでていました。

ネプチューンの噴水

ムーア人の噴水

四大河の噴水

広場の周りはぐるりとカフェ。この辺りに宿泊するのも素敵ですね。

この後 ホテルに帰って しばし 休憩。

オープントップバスでの夜景観光

さて 晩御飯は駅の セルフカフェ。

好きなものを取ればいいので お気楽です。

そして 再び オープントップバスに乗車。

乗り放題券ですからね。

今から夜景を見ます。

夜歩くのは怖いけど

オープントップバスなら大丈夫。

だんだん暗くなってきて ライトアップされてきました。

1粒で2度おいしいオープントップバスでした。

イタリアは治安が心配で 信号待ちの時なんか 鞄を前に抱えて周囲を警戒していたので

よぷ
よぷ

ママ 周りから浮いてるよ~

と あきれられていました。

オープントップバスなら 乗っているのは お金を払った観光客だけなので ちょっと 安心です。

まとめ

ローマは 初心者でも簡単に回れます。
ただし 治安は悪いので 細心の注意を。

オープントップバスと徒歩で 1日では回れないほどの観光名所に行けます。

次は ローマから日帰りで行ける素敵な街のお話。

ぜひ読んでみてくださいね。

では またね。