サンマルコ広場で 鐘楼に登れ

イタリア
この記事は約4分で読めます。
    この記事を書いた人

世界20ヵ国を個人旅行してきました。お値段以上の満足感を得られる旅にする方法を考え続けて40年。海外旅行だけでなく、国内旅行、各種フリーきっぷ、名古屋観光ルートバス「メーグル」も得意です。お得な情報を発信していきます。

ぴくをフォローする
ぴく
ぴく

サンマルコ広場に行ったら 鐘楼にのぼりましょう

ベネチアはリアルディズニーシーといいました。

ディズニーシーみたいか?

と思っていたら

高い塔に登ってみると

ベネチアは 見渡す限りベネチアでした。

ベネチアは こんなに広いんだ

歴史的建築物が 広範囲で保護されているんだ と感動しました。

今日は そんなお話。

スポンサーリンク

朝のお散歩

娘が全然起きないので、一人で朝のお散歩。

すでに すごい人が。

明日空港にバスで向かうので

ローマ広場のバス停に スケジュールを見に行く。

ベネチアは車禁止なんですが

ローマ広場までは車が入れるんです。

この橋で夢と現実が仕切られている。

明日このバスに乗ったら帰国かと思うと寂しい。

朝ごはん

ホテルプリンシペの朝ごはん

私が泊まったときは、9時から

運河沿いのベランダに出て食べることができました。

大運河を見ながらの朝食。

素敵ねー。

ベネチアの大富豪を夢見る。

ベネチアに別荘を持ってる気分になれます。

でも ぼーっとしていると でっかい鳥に ご飯をかっさらわれます。

注意!

サンマルコ広場へ大運河から

今日もいい天気ですね。

バポレット(水上バス)に乗って サンマルコ広場を目指します。

大運河をバポレットで移動すること自体がアトラクションのようで楽しい。

が、娘のつぶやき。

よぷ
よぷ

いちいち30分も船に乗るなんてありえん。

  • 駅近くのホテル
    駅から徒歩でアクセスできる。
    迷いにくい。
    お値段的に優しい。
    サンマルコ広場からは遠い
  • サンマルコ広場周辺のホテル
    駅から バポレットなどでアクセス。
    バポレットを下りてから迷路のような道を行かなくてはならない。
    それなりのホテルはそれなりのお値段。
    サンマルコ広場から近い。

ぴくは 駅から近いホテル派ですが ここは 人それぞれですね。

明るい日の下での大運河も素敵ね。

ゴンドラ 大運河は バポレットが通るので 揺れますよ。

鐘楼が見えてきました。

今日は ここに 登るつもりです。

橋の上にも人がいっぱい。

こんな高い塔に登るのは さぞや疲れるとお思いでしょうが

エレベーターがあります。

古い建物なのにエレベーター設置できるなんて すごいなーと思っていたら

1回 崩れたことがあるらしい。

暑い日差しを浴びながら まあま並んで 窓口で入場券を買う。

素晴らしい建物やいろんな国の人の様子を眺めながら並んでいると わりと すぐです。

鐘楼は エレベーターで昇るので 楽々。

そこからは絶景。

ぴく
ぴく

世界の果てまで ベネチアが続いてる!

普通観光地って そんなに広い地域ではなく

歴史的建物が密集しているところを過ぎれば

近代的なビルもちらほら、、、。というのが普通。

ベネチアは 見渡す限り ベネチア

ベネチアは島なので 街の向こうは海。

中世にタイムスリップしたんだと 自分をだまくらかすことができます。

息を 飲みました。

そして この家々の間には

ゴンドラの通る水路や小道が

張り巡らされているんです。

この遺産を守り続けているベネチアの人々に脱帽です。

どこにも 近代的な建物が見当たらない。

まとめ


ベネチアはリアルディズニーシーといいましたが

ディズニーシーと比べてみたら

その規模が違いました。

ベネチアは はるかかなた 見渡す限りベネチアでした。

ベネチアは こんなに広いんだ。

現代的な建物を排除し、自動車も禁止したベネチアの人々

頭が下がります。

この遺産を守り続けているベネチアの人々に脱帽です。

次の記事は 午後から行った ブラーノ島です。

では またね。