【写真たっぷり】沖縄カフーリゾートフチャク宿泊記と道の駅「なかゆくい市場」

国内旅行
この記事は約5分で読めます。
    この記事を書いた人

世界20ヵ国を個人旅行してきました。お値段以上の満足感を得られる旅にする方法を考え続けて40年。海外旅行だけでなく、国内旅行、各種フリーきっぷ、名古屋観光ルートバス「メーグル」も得意です。お得な情報を発信していきます。

ぴくをフォローする

旅行大好き、お得旅はもっと好きな、ぴくです。みなさまは、コンドミニアムという宿泊形態をご存じですか?

マンションのようにキッチンやリビングがついていて、ホテルのスイートよりお値段優しい。

予約は楽天トラベルなどのWebで普通のホテルのようにできます。

ぴく
ぴく

本当は教えたくない豪華ホテル、カフーリゾートフチャクについて語っていきます。

カフーリゾートに行くまでの道の駅の情報も。

友だちが

友だち
友だち

沖縄は、道の駅がすごくよかったよ。

というので、ぴくも行ってみました。6泊7日で、4か所の道の駅を回ってきました。

どうぞ、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

レンタカー

カフーリゾートに行くには、シャトルバスかレンタカーで行きます。ぴくたちは、ABCレンタカーさんで借りました。空港から送迎があります。

沖縄ナンバー

おんなの駅「なかゆくい市場」

早速、1つ目の道の駅、おんなの駅「なかゆくい市場」に行きます。

「おんな」は、女ではなく、恩納の意味。

まず、かき氷店「琉冰」へ入ります。

ここは、南国フルーツ山盛りのかき氷が食べられることで有名。

どうです?フルーツもりもりでしょ?「トロピカルマウンテン」

他にも、てびちの唐揚げや

サーターアンダギーもゲットできます。サーターアンダギーとは、沖縄風ドーナッツ。

いろんな味があります。

生のフルーツもいっぱい。ぴくはバナナとマンゴーを買いました。

このバナナがなかなか黄色くならず、バナナを持ってホテル移動してました。

カフーリゾートフチャク

カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

ロビーの天井が高くて気持ちがいいです。

部屋に入ると、まず窓いっぱいに広がる南国の海。

1LDKのスイートです。リビングセットも籐がが使われていて、涼し気。

ベッドも高級感がでています。

水回りもダブルシンクでいいですね。

窓からの景色も申し分なし。

このベランダが気持ちよくて、読書をしたり、

朝ごはん食べたりしました。昨日、道の駅でかったマンゴーとサーターアンダギー、登場。

キッチンも付いているので、料理もできます。マンゴーの切り方に注目してほしい。

  • 包丁で3枚おろしにする。
  • 格子状の切り目を入れる。
  • ひっくりかえす。

誰でも簡単にできます。(得意げ)

もちろん、プールもあります。

ホテルの裏は、ゴルフ場になっていて、広々しています。ちょっと海外っぽいですね。

ホテルの前は美しい冨着ビーチになっているのですが、クラゲネットがなくて遊泳には向かないそうです。(沖縄には、刺すクラゲがいます。)

そこで、お隣のサンマリーナビーチに歩いて出かけます。

ホテルの庭を通って、サンマリーナビーチへ向かいます。

きれいに整備されたビーチですね。

レンタルしたいものがあるときには、ビジター料金もあります。

ビーチ・レンタル| シェラトン沖縄サンマリーナリゾート (sheraton-okinawa.co.jp)

アクティビティ|アウトドア|シェラトン沖縄 (sheraton-okinawa.co.jp)

日焼けするのが嫌で、夕方から行ったのですが、暑い暑い。

沖縄の夏の日差しはすごいですね。

晩御飯は居酒屋「うら庭」

(ただいま休止中)うら庭 (ウラニワ) – 恩納村/居酒屋 | 食べログ (tabelog.com)

夜になりました。晩御飯を食べにでかけます。徒歩圏内にいくつか食事できる場所があります。

ホテルのそばに、居酒屋「うら庭」があります。

美味しそうなので、ステーキを一口もらう。

すでに1日目にして大満足です。

他には、こんなお店も。

琉球ダイニング 冨着58番地【公式】 (owst.jp)

まとめ

カフーリゾートフチャクは、キッチン、洗濯機付きの、豪華コンドミニアム。豪華マンションでの暮らしを体験できます。

また、沖縄本島には、観光名所がたくさんありますが、その中に道の駅を加えてみてはいかがでしょう。ぴくは、南国のフルーツを食べたり、買ったりできて大満足でした。

ぴく
ぴく

コンドミニアムというマンションタイプの宿泊施設は本当におすすめ。

まだの方は1度体験してみてください。

ぜひ、本島宿泊の1泊は、カフーリゾートフチャクでどうぞ。

那覇には格安航空会社も参入していてお値打ちに行くことができます。

今度の旅行は沖縄にしてみてはいかがでしょう。

格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

2日目の記事にもカフーリゾートの画像があります。

よかったらご覧になってください。

【体験】日本にもあります。「青の洞窟」沖縄 お手軽シュノーケリングツアー | ぴくのサイドファイアー (pikufire.com)