【絶景ホテルランチ】三河湾ヒルズ・ホテル 日帰り温泉利用で行ってきました。

国内旅行
この記事は約4分で読めます。
    この記事を書いた人

世界20ヵ国を個人旅行してきました。お値段以上の満足感を得られる旅にする方法を考え続けて40年。海外旅行だけでなく、国内旅行、各種フリーきっぷ、名古屋観光ルートバス「メーグル」も得意です。お得な情報を発信していきます。

ぴくをフォローする

こんにちは。旅行大好きお得旅がもっと好きなぴくです。

今回は、勝手に紹介シリーズ。

「三河湾ヒルズ・ホテル」です。

スポンサーリンク

三河湾ヒルズ・ホテルとは

三河湾ヒルズ・ホテル(旧グリーンホテル三ヶ根)

三河湾ヒルズ・ホテルは、旧グリーンホテル三ヶ根から営業を引き継ぎ、2020年4月1日、「三河湾ヒルズ・ホテル」として、オープンしました。

愛知県三ヶ根スカイライン入口近くの山上に位置し、眼下に三河湾、遠くに渥美半島・知多半島を一望できる絶景のリゾート宿泊施設です。 和・洋合わせて340名収容の客室と、展望露天風呂やサウナのある温泉大浴場、レストラン、ラウンジの飲食施設、スカイプール、カラオケルーム、ゲームコーナーなどがあります。

ロビーは吹き抜けで広々。海側は、全面窓で開放感抜群です。

夏にはプールもオープンします。絶景のプールですね。

日帰りでもランチにプールをつけることができます。

今年度は、~8月29日(日)まで。

ヒルズ・ホテルのアクセス

名古屋からは、車で1時間10分

宿泊者には、最寄りの駅から送迎もあります。

JR蒲郡(がまごおり)駅の南口より送迎あり。(要予約)
蒲郡駅→ホテル:14:30 16:00
ホテル→蒲郡駅:09:00 10:30

ホテルは料金所の手前にあるので、三ヶ根山スカイラインに入らなくてもいいのですが、せっかくなので見学してきます。

道沿いにアジサイが植えられていて、6月頃が見頃です。

見晴らし台です。気持ちがいいですね。

三河湾ヒルズ・ホテルが見えますね。

ヒルズホテルの日帰り体験記

今日は、日帰りなので、ランチをいただいて温泉に入ります。

レストラン「プラシャンティ」のランチ

レストランは、11時からオープンです。日帰り入浴は、11時半からなので、先にランチをいただいてから入浴することにしました。

レストランで食事をすると、600円で入浴できるというシステムです。

おしゃれなしつらえ。

ロビーと同じくこちらも全面窓。

インターネットで予約する豪華プランもあるのですが、レストラン利用+温泉入浴のセットがおすすめ。

1000円のところが、600円になります。(税別)

タオルももらえます。

西尾の抹茶そばと握りずし」を注文。お寿司は、はじめ、引き出しに入っています。

抹茶そばは、注文を受けてからゆでます。ちょっとお時間かかります。

小魚の唐揚げも揚げたて。

握り。三河地方なので酢飯はちょっと甘め。

食後に、ソフトクリームやコーヒーはいかがですか?

ソフトクリーム350円。お抹茶かかっているタイプも選べます。

コーヒーは食事と一緒に頼めば、200円です。

レストランの窓からの眺めは絶景。三河湾が180度眺められます

逆光になってしまうので、左側の写真はないのですがぐるりと見渡せます。

海に小島が浮いていて、風光明媚です。

海で、モーターボートを操縦している人が何艘もいて、くるくる白い輪ができて、見ていると飽きません。

お風呂はさらに絶景

お風呂までの通路も、よい雰囲気です。

お風呂は、レストランよりさらに絶景でしたよ。

公式ホームページからお風呂の写真をお借りしました。

公式HPより
公式HPより

近隣の観光地

蒲郡・西尾地区は、観光資源が盛りだくさん。

その中でもぴくがお勧めしたいのは

  • ラグーナテンボス
  • 竹島水族館
  • 愛知こどもの国

ラグーナテンボスは、九州のハウステンボスと同系列のテーマパーク。

竹島水族館は、水族館愛があふれた館長が運営する一味違った水族館です。

愛知こどもの国は、無料で遊べる遊具のたくさんある広大な公園です。

お好みに合わせて立ち寄ってください。

三河湾ヒルズ・ホテルの宿泊プラン

日帰りではなくて、お泊りしたいわ、という方。

いま、お得なプランが!

ぴくも身内と泊まろうか計画中です。

開業1周年記念のプランがお得すぎる!

【開業1周年記念】2大メイン!活き鮑&牛ステーキ付き「三河湾御膳」

1万円ちょいで、アワビや牛ステーキもついてくるんですよ。

まとめ

名古屋から1時間で、自然豊かな山のホテルに行けます。

天井までの窓からは、180度の三河湾の眺望

コロナ渦で、なかなか遠くに出かけられませんが、地元にも素敵なホテルがいっぱい。

愛知県民の皆さん。地元愛知を再発見してみましょう。

では、またね。

タイトルとURLをコピーしました