【退職前の気持ち】人的資本消滅の恐怖との戦い

FIRE
この記事は約3分で読めます。
    この記事を書いた人

世界20ヵ国を個人旅行してきました。お値段以上の満足感を得られる旅にする方法を考え続けて40年。海外旅行だけでなく、国内旅行、各種フリーきっぷ、名古屋観光ルートバス「メーグル」も得意です。お得な情報を発信していきます。

ぴくをフォローする

こんにちは、あと10か月で早期退職することになったぴくです。

このブログを立ち上げた本来の目的は、退職前から、退職後までの自分の気持ちを綴ること。

(なぜか旅行記ブログになってますけど)

この頃、気になるのが

早期退職=人的資本の消滅

という事実。

「退職できるぜ。わーい。わーい。」という、単純な気持ちではなく、未知なものに遭遇する戸惑い。

早期退職された方は、この辺りの気持ちをどう整理されたのか?

私の今の気持ちと絡めて書いていきたいと思います。

結論は、

自分の価値は、持っているお金の額という価値観から、自分が脱却しないと、いつまでたってもお金儲けから卒業できない。

90歳になる私の母は、若いころこう言っていました。

母

お金儲けは、死に病

子供だった私は、どんな意味?と思っていましたが、

今は、分かります。

ぴく
ぴく

お金を儲けたい気持ちが強すぎて、不都合があっても、働くのをやめられない。

先日、母に会いました。10か月後に辞めるよ、と言うと、

母

ええっ?なんでやめるのー!?

おーい。半年前にも相談したよー、、、。どうも、ほんとに辞めるとは思っていなかったみたい。

死に病にならないよう、自分の人生を取り戻しましょう。

スポンサーリンク

人的資本とは

人的資本とは、1人の人間が「いくら稼げるのか」という、金額のことです。

転職して人的資本を上げよう、とか、

200万円稼げる人より、300万円稼げる人の方が人的資本が大きいとか言います。

人的資本を上げることが自由への道と、みんなが人的資本という価値を上げることを目指しています。

定年になれば、いったん会社を辞めるけれど、その前日まで、懸命に稼ぐ。それが正しい人の道という価値観。

定年前に辞めてしまうのは、もったいないこと。

ぴくが、就職したときには、あんなにいた女性社員が、

  • 結婚
  • 出産
  • 介護

などのタイミングで、どんどん辞めていき、いまや同年代は数えるほどです。

自分自身も辞めずに続けてきたことに、誇りを持っていました。

それだからこそ、人的資本が0になることの恐怖。

自分のアイデンティティが揺らぎます。

人的資本が0円になる恐怖

そんな中、ぴくは人的資本0にまっしぐら。

早期退職するということは、それまでの年収が入らなくなるということ。

全く働かないとすると、人的資本は0円になります。

ぴく
ぴく

私の価値が0円に!?

ぴくは、急にこの恐怖を感じ始めたのです。

ずーっと働いてきた身としては、どうしてもいくら稼げているかによって、他人が自分を見る目が違う気がするのです。

好きな仕事をちょっとだけして、気の合う人とだけ付き合う幸せ

この気持ちは、どうやったら解消するのでしょうか。

人的資本が0円になっても、代わりの価値が得られればよし。

それが、人とのつながり

会社員時代と違って、自分が付き合いたい人とだけ付き合えばよい。

わいわいできる仲間を得られれば、稼ぐ力が小さくても、問題なし。

仲間や家族とのつながりを、1歩ずつ作っていかなければなりません。

今まで見えなかったものを楽しむ気持ちを大切にする。

使う力を育てる。

自由な時間に、心がやられないように、バランスを取っていくことが大切ですね。

まとめ

早期退職=人的資本の消滅

という事実。早期退職された方は、この辺りの気持ちをどう整理されたのか?

私の今の気持ちと絡めてこれからも書いていきたいと思います。

結論は、人的資本で貯めたお金を何に使うか?

自分の価値は、持っているお金の額という価値観から、自分が脱却しないと、

いつまでたってもお金儲けから卒業できません。

死ぬ日が一番お金持ちというのも、むなしいもです。

使う力を育て、素敵な人生にしていきましょう。

辞めてよかったと思えるように、気持ちの整理が大事ですね。

では、またね。