【2024年】伊勢志摩「まわりゃんせ」>>ここをクリック
PR

【ふらの・びえいフリーきっぷ】2泊3日!究極の旅行記&購入ガイド

お得なきっぷ
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

富良野・美瑛地域は美しい自然環境や花畑が有名で、北海道に来たら絶対に楽しみたい風景の1つです。

北海道旅行はレンタカーを利用する方が多いですが、実は列車でも観光地を回ることができます。

「ふらの・びえいフリーきっぷ」は北海道富良野・美瑛地域で利用できるお得なきっぷです。

このきっぷをは札幌から旭川・富良野の往復富良野・美瑛地区のJRフリー券でできています。

ふらの・びえいフリーきっぷを利用すると、フリー区間は何度でも乗り降りができるので値段を気にせずに自分のペースで周辺を探索できます。

ぴく
ぴく

4,290円お得になったルートもご紹介します。

交通費を気にすることなく、美しい景色や豊かな自然を思う存分堪能。

浮いたお金でラベンダーのお土産をいっぱい買っちゃいましょう!

    この記事を書いた人

名古屋在住。お得なフリーきっぷ、割引キャンペーンを駆使して格安旅行を楽しんで40年。ふるさと納税で旅行に行くテクニックも発信中!happyな旅をあなたにも。

ぴくをフォローする
スポンサーリンク

ふらの・びえいフリーきっぷとは

ふらの・びえいフリーきっぷとは

「ふらの・びえいフリーきっぷ」とは、JR北海道が発売しているお得なきっぷです。

  • 札幌~富良野または旭川まで特急列車の普通車自由席を一回利用可能。
  • フリー区間の普通・快速列車自由席に乗り降り自由。
  • 値段は4日間で7,400円。
  • 富良野美瑛ノロッコ号にも乗れる。

切符は

A券(札幌→富良野または旭川)

B券(フリー区間+富良野または旭川→札幌)

の2枚に分かれています。

A券(札幌→富良野または旭川)B券(フリー区間+富良野または旭川→札幌)

指定席も別途購入することができます。

HPの説明に「札幌からフリーエリアまでの往復特急自由席に乗れる」とあります。フリー区間の出入り口「滝川駅」までしか特急に乗れないのかな?と不安になりますが、滝川で特急を降りなくても大丈夫。旭川や富良野まで特急で行くことができます。

どれぐらいお得なの?

えこりん村・銀河庭園
えこりん村・銀河庭園

今回私が回ったルートを正規料金できっぷを購入すると11,690円かかります。ふらの・びえいフリーきっぷ利用では7,400円!

正規料金の内訳は下のとおり

4,690円(特急自由席 札幌→旭川)

640円(旭川→美瑛)

540円(美瑛→ラベンダー畑駅)

1,130円(ラベンダー畑駅→旭川)

4,690円(特急自由席 旭川→札幌)

合計 11,690円

4,290円お得!

ぴく
ぴく

札幌・旭川を往復した時点ですでにお得。使わなきゃもったいない。

どこで買えるの?

「ふらの・びえいフリーきっぷ」はJR北海道の駅で購入できます。

私は新千歳空港駅の指定席券売機で購入しました。トップ画面の「おトクなきっぷ」を押し、乗車日や人数を入力してお金を入れれば購入できます。

QRコードをかざして購入することもできます。

どこで買えるの?
JR北海道公式サイトより

指定席券売機以外にもみどりの窓口でも買えます。

「ふらの・びえいフリーきっぷ」VS「Sきっぷ」VS「ラベンダーフリーパス」

富良野地区で利用できるお得なきっぷは下の3つがあります。

値段フリー区間有効期限ひとこと
ふらの・びえいフリーきっぷ7,400円あり4日間往復+富良野・
美瑛地区乗り放題
Sきっぷ
(札幌⇔旭川)
5,550円なし6日間往復のみ
ラベンダーフリーパス2,800円あり1日間富良野・美瑛地区
乗り放題

ふらの・びえいフリーきっぷをおすすめしたい人

札幌発。JRのみで移動したい人に向いています。私は今回この切符を利用しました。

富良野・美瑛地区で乗り放題なのでこの地区を周遊する方には一押しです。

観光の時間配分が自由に決められるので富良野・美瑛をじっくり観光したい方におすすめ

Sきっぷ(札幌⇔旭川)をおすすめしたい人

Sきっぷは、札幌⇔旭川の単純往復きっぷです。旭川から観光する足がある方におすすめします。

  • 旭川または富良野からはレンタカーで移動する。
  • 旭川または富良野からは観光バスで移動する。

札幌から旭川までのきっぷだけを安く買いたい方におすすめ

昨年はSきっぷを利用し、観光バスを利用しました。旭川からバスツアーに参加する方は、富良野・美瑛地区のフリー券が要らないのでこちらがおすすめです。観光バスのおねだんは9,000円

ぴく
ぴく

交通不便な青い池や白ひげの滝にも行きたい方は観光バス利用が便利。

ファーム富田&美瑛青い池バスツアー(旭川発)

白ひげの滝
白ひげの滝

観光バスは、見どころを効率よく回れます。たくさんのスポットを回りたい方はSきっぷ+観光バスを購入しましょう。

ラベンダーフリーパスをおすすめしたい人

旭川空港利用の人には富良野・美瑛地区の1日券である「ラベンダーフリーパス」がおすすめ。札幌⇔富良野または旭川のきっぷがいらない方はこの切符を購入しましょう。

JRを利用しない場合は、空港発の観光バスや観光タクシーもあります。

そもそも家から札幌まではどうするの?

札幌から富良野までのことは分かったよ。でも家から札幌まではどうするの?

それも簡単なんです。エクスペディアで航空券が買えます。

ツアーと比べると安いことに驚きますよ。

公式ページでお値段チェック

「ふらの・びえいフリーきっぷ」利用2泊3日モデルプラン

えこりん村・銀河庭園
えこりん村・銀河庭園

実際に行ったプランです。「ふらの・びえいフリーきっぷ」は自由度が高い切符なのでプランを考えるのも楽しいですね。

1日目

セントレア出発です。

1日目
  • 6:53
    名古屋駅(6:53発)

    ミュースカイ 7:23着

  • 8:20
    セントレア(8:20発)

    JAL 新千歳空港10:05着

  • 10:30
    昼食 新千歳空港国内線ターミナルビル3F「どんぶり茶屋」

  • 11:54
    新千歳空港駅(11:54発)

    JR交通系カード使えます。 恵庭駅12:07着

    えこりん村
    休日は0分、30分ごとに無料送迎バス(西口発)
    入園料1,200円

    帰りは15分、45分発

  • 15:07
    恵庭駅(15:33)
  • 16:00
    札幌駅(16:00発)

    ふらの・びえいフリーきっぷ利用

  • 17:25

1日目のポイント↓

  • 海鮮丼(どんぶり茶屋)
  • えこりん村・銀河庭園

新千歳空港に10:05着。

新千歳空港で早くもランチ。「どんぶり茶屋」さんにおじゃましました。本店は二条市場にあるんですがそこはゲキ混みの予感がしたので空港店で。

どんぶり茶屋1

10時半開店で、私たちが食べ終わったころは待ちの列ができていました。

どんぶり茶屋2
夏晴れ丼

新千歳空港駅で「ふらの・びえいフリーきっぷ」購入。

手持ちの交通系カードで恵庭に向かいます。目的地は「えこりん村」。

ちょうどバラのシーズンで銀河庭園がとても美しかったです。

えこりん村紹介
えこりん村紹介
えこりん村紹介

こんな乗り物で園内を回ります。

園内周遊

トマトの木。

えこりん村紹介 トマト

札幌駅から「ふらの・びえいフリーきっぷ」A券を使って移動します。

「ふらの・びえいフリーきっぷ」A券

「ふらの・びえいフリーきっぷ」は特急自由席に乗れます。

7月日曜日16:00発の特急は、立っている方もぱらぱらいるくらいの混み方でした。座れるか心配な方は500円で指定券を購入することをおすすめします。

今回2泊した宿です。

ホテルウィングインターナショナル旭川駅前
ホテルウイングインターナショナル旭川 ロビー

駅2分でとても便利です。15㎡のお部屋は安いけど狭いので18㎡のお部屋をおすすめ。

ホテルウイングインターナショナル旭川 部屋
ぴく
ぴく

立地と朝食は抜群ですが、お部屋は狭いです。

駅から離れても広い部屋がいい方は、OMO7旭川 by 星野リゾートの「スーペリアルーム」がおすすめです。

2日目

四季彩の丘
2日目
  • 8:43
    旭川

    ふらの・びえいフリーきっぷ利用

  • 9:16
    美瑛
  • 9:30
    四季彩の丘

    入園料500円
    帰りは美瑛選果までタクシー。2,680円

  • 11:30
    美瑛選果(昼食)

    美瑛駅までタクシー。680円

  • 13:08
    美瑛駅

    JR(富良野・美瑛ノロッコ号)

    ふらの・びえいフリーきっぷ利用

  • 13:43
    ラベンダー畑駅

    徒歩7分

  • 14:00
    ファーム富田
  • 16:41
    ラベンダー畑駅

    JR(富良野・美瑛ノロッコ号)

    ふらの・びえいフリーきっぷ利用

    指定席 840円

  • 17:19
    旭川

2日目のポイント

  • 四季彩の丘
  • ファーム富田
ホテルウイングインターナショナル旭川 朝食

ホテルの1Fにある「ヨシノリコーヒー」で朝食。卵かけご飯。地元産の卵で卵黄がレモン色でした。690円

美瑛行き普通列車。通勤・通学の方もたくさん乗っていらっしゃいました。少し早めにホームに行きましょう。

美瑛駅からはタクシーで四季彩の丘へ。

タクシー代金 美瑛駅→四季彩の丘 2,760円

四季彩の丘

タクシー代金 四季彩の丘→美瑛選果 2,680円

美瑛選果でランチ

タクシー代金 美瑛選果→美瑛駅 680円

ここから富良野・美瑛ノロッコ号に乗ります。「ふらの・びえいフリーきっぷ」で自由席に乗ります。

期間限定のラベンダー畑駅で降ります。ファーム富田まで徒歩7分。

ラベンダー畑駅はノロッコ号のみ停車します。

ファーム富田

ラベンダーソフトやメロンを楽しめます。

帰りは1時間ほど乗るので指定席をとりました。840円。

3日目

3日目
  • 9:30

    路線バス 

  • 10:17
  • 13:26
    上野ファーム発
  • 14:10
    旭川駅周辺散策

  • 15:00
    旭川駅

    JR

    ふらの・びえいフリーきっぷ利用

  • 16:25
    札幌駅

  • 16:48
    札幌駅

    JR(交通系カード使えます)17:27着

    ※お土産購入タイムあり

  • 19:20
    新千歳空港

    JAL 21:05着

  • 21:05
    セントレア

3日目のポイント

上野ファーム

ホテルウィングインターナショナル旭川駅前のモーニングビュッフェ。会場は12階なので見はらしがいいです。

自分で海鮮丼が作れます。

素泊まりで予約し、当日に朝食バイキングをつけようとしたところ、この日は人気すぎて素泊まりの人は8時からと言われました。絶対食べたい方は朝食付きで申し込みましょう。

8時から朝食を食べて、路線バスで「上野ファーム」に向かいます。乗り場は18番。

カレーやサンドイッチなどの軽食が食べられます。

ドリンクも種類が豊富です。

上野ファームから路線バスで旭川に戻り、旭川から札幌まで特急で向かいます。

「ふらの・びえいフリーきっぷ」のB券を利用します。

新千歳空港にある「海老善」さんで海鮮丼。

まとめ じっくり見るなら「ふらの・びえいフリーきっぷ」初めての方は「Sきっぷ+観光バス」

富良野・美瑛地区はレンタカーなしでも十分に個人で回れます。ただ、JRの本数が少ないので事前に計画を立てることをおすすめします。

「ふらの・びえいフリーきっぷ」で回れば、好きなだけ気に入った観光スポットにいることができます。

私は色彩の丘に2時間、ファーム富田に3時間いました。

土地勘がないのでスケジュールをお任せしたいときは、富良野または旭川までJRで来て観光バスに乗り換えるのが楽ちん。いま話題の「青い池」は個人では行きにくいので観光バスで行くのがおすすめです。

Sきっぷ+観光バスで回りましょう。

ファーム富田&美瑛青い池バスツアー(旭川発)

富良野チーズ工房&ファーム富田&カンパーナ六花亭(富良野駅発)

雨の青い池

今回は富良野をJR利用で観光するモデルプランをご紹介しました。参考にしていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ファーム富田&美瑛青い池バスツアー(旭川発)

富良野チーズ工房&ファーム富田&カンパーナ六花亭(富良野駅発)