【絶品ビーチ】宮古島南部 熱帯魚にシュノーケリングで会えます

国内旅行
この記事は約3分で読めます。
    この記事を書いた人

世界20ヵ国を個人旅行してきました。お値段以上の満足感を得られる旅にする方法を考え続けて40年。海外旅行だけでなく、国内旅行、各種フリーきっぷ、名古屋観光ルートバス「メーグル」も得意です。お得な情報を発信していきます。

ぴくをフォローする
読者さん
読者さん

南の島といったら熱帯魚ですよね。

ぴく
ぴく

宮古島のビーチは熱帯魚パラダイス。

感動しますよ。

こんにちは。旅行大好き。沖縄大好きなぴくです。

今日は、私が一番好きな熱帯魚もりもりのビーチをご紹介します。

スポンサーリンク

宮古島南部観光:熱帯魚パラダイス

宮古島南部にはフォトジェニックな場所がたくさんあります。海外だとリゾートでおこもりってなっちゃいますが、ここは治安のよい日本。ホテルの近くにもおすすめの場所がいっぱい。

レンタカーで回ってみましょう。

宮古島南部は、熱帯魚パラダイスです。

熱帯魚パラダイス

私は、熱帯魚観察が大好きなので、ほかの見どころに先駆けて紹介します!

吉野海岸

ここは本当におすすめです。私は海外旅行でも熱帯魚のいるビーチにたくさん行っているのですが、このサンゴと熱帯魚の豊富さは、世界レベルです。

私は、ダイビングはおろかシュノーケリングもできないんですが、水面に浮いているだけでたくさんの熱帯魚やサンゴを見ることができます。

シュノーケリングツアーは、5,000円くらいするので、無料で熱帯魚観察のできる吉野海岸は、コスパ抜群です。

ビーチはいたって平凡ですが、1歩海に入ると、、、。

まさに水族館

生きたサンゴや色とりどりの熱帯魚を見ることができます。

浅い場所にサンゴが群生しているので、熱帯魚やサンゴの色が鮮やかです。

巨大なサンゴもあります。

こんな素晴らしい水中風景を、水面にぷかぷか浮いただけで見られるのは、本当に感動します。

新城(あらぐすく)海岸

お隣のビーチも負けず劣らず。

サンゴといっても、近年の温暖化で白化してしまっている地域が多い中、宮古島のサンゴは生き生き。

しかも、こんな岸近くの浅瀬に群生していて、もはや奇跡といっていいくらいです。

宮古島南部:絶景の旅

来間島(くりまじま)

熱帯魚の泳ぐサンゴ礁を堪能した後は、宮古島南部をレンタカーで回ってみましょう。

来間大橋を渡って、来間島にきました。

東急ホテルがある与那覇前浜と来間島をつないでいます。

橋の真ん中が高くなっているので、車で走ると楽しいです。

前浜ビーチ側から見た来間大橋

竜宮城展望台

すごい絶景なのに、宮古島に絶景がありすぎてだんだん目が慣れてきています。

東平安名岬

岬の先端に灯台があって登ることができます。

海の色がすばらしいです。

お食事事情

シギラセブンマイルズリゾート」内には、島のローカルフード、和食、イタリアン、焼肉など20店舗以上の飲食店がそろっています。コンドミニアムのキッチンで料理を作るのもいいですが、時にはレストランにも出かけたいですね。

リゾートの外にも気になる食事処が。

ひろちゃん

シーズンによっては、マンゴーも食べられます。

1皿500円。安い!

利休

宮古マモルくん

宮古島の交通安全を見守っています。

マモルくんは背が高いので、写真撮影をしたときにバランスがいいように、ブロックが置いてある。

有名人ですね。

インギャーマリンガーデン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P8210479-1024x768.jpg

展望台に登って下を見ると、「絶対熱帯魚いるわー。」という景色。あいにく下りる道は見つからず。

ユートピアファーム宮古島

マンゴーってこんな風になっているんですね。

ブーゲンビリアの花たち

おいしいスイーツも食べられます。

まとめ

宮古島南部にはシュノーケリングで楽しめる絶品ビーチがあります。

ぜひ、皆様もすばらしい海を楽しんでください。