コメダ珈琲モーニング【期間限定】カラマンダリンジャム

名古屋
この記事は約4分で読めます。
    この記事を書いた人

世界20ヵ国を個人旅行してきました。お値段以上の満足感を得られる旅にする方法を考え続けて40年。海外旅行だけでなく、国内旅行、各種フリーきっぷ、名古屋観光ルートバス「メーグル」も得意です。お得な情報を発信していきます。

ぴくをフォローする
ぴく
ぴく

今回は、地元名古屋のコメダ珈琲のモーニングD

カラマンダリンジャムについてお知らせします。

スポンサーリンク

コメダ珈琲とは

株式会社コメダは、名古屋市に本社があるコーヒーチェーン店です。

内装は木や白壁、レンガが多く使われていて、ほっとする空間です。ソファーも昭和を感じさせるような柔らかい座り心地。全体的に自然物が多用されており、ハイエンド感の真逆をねらったコンセプトです。

座り心地の悪いいすと狭いテーブルで客の回転率を上げる作戦をとる店が多い中、コメダはゆっくりくつろいでもらうことに重点をおいています。

天井も高く、木の梁が素敵ですね。

朝7:00開店なんですが、すぐ地元民でいっぱいになります。

コメダ珈琲モーニング

コメダといえば、モーニング。

お好きな飲み物に、トーストとそれに塗るもの、またはゆで卵が付いてきます。

コーヒー苦手な人は、ソフトドリンクも。メロンソーダ、カルピス、ミルクなど。

奥が有名な小倉。手前が今回ご紹介するカラマンダリンジャムです。

ゆで卵も選べます。

卵むくのがめんどくさいときは、卵ペーストも選べます。

【期間限定】カラマンダリンジャム

三重県の特産に「カラみかん」というものがあります。

ぴくの地方では、普通にスーパーで売っているのですが、皆さんの地方でもありますか?

ちょっとお高めの高級みかんです。

そのみかんを贅沢にジャムにしました。

残念ながら、マンダリンジャムは終了。今はニューサマーオレンジジャムになりました。

コメダ珈琲モーニングD【期間限定・地域限定】ニューサマーオレンジジャム実食 | ぴくのサイドファイアー (pikufire.com)

あっさりとした、ジャムというよりジュレといった感じのデザート系ジャムです。

酸味と甘みのバランスが絶妙。

スイーツを楽しむ感覚でいただきます。

小倉はこんな感じ。迷いますね。

コメダの珈琲チケット

コメダ珈琲をお得に楽しむには、珈琲チケットがおすすめ。

9枚つづりで3,300円です。

1枚当たり367円。

コーヒー(コメダブレンド)は、通常430円です。

他にも、430円の飲み物や、ソフトクリームもチケットが使えます。

メニューにチケットマークがあるので、チェックしてみてください。

367円で朝からまったりできるなんて最高です。

通常の値段430円
チケット利用367円
お得63円

グループで使ったり、期限はないので、名古屋に仕事に来た時に使ったりしてみるのもいいですね。

ぴくは毎週来るので、1か月で使っちゃいます。(笑)

カップの購入

コメダ珈琲のカップって買えるんですよ。

我が家は家でもコメダ珈琲気分が味わえます。

レジでお願いするとお取り寄せしてくれます。

有田焼なんですよ?カップの裏を見て初めて知りました。

コラボもあるよ

コメダ珈琲では、時々はやりものとコラボした企画があります。

ちょっと前には、鬼滅の刃とコラボ。今は終了。

鬼滅続編出るからまたコラボするかもです。

豆菓子の詰め合わせにクリアファイルがついてきました。

こんな感じの豆菓子が10袋くらい詰め合わせ。

モーニング以外のお楽しみ

コメダ記事にした。と言ったら、優しい友人が画像を送ってくれました。感謝です。

デザート系の飲み物。

ソフトドリンクの容器が可愛いんです。長靴型のグラス。

かき氷。

シロノワールの季節限定バージョン。

グラタン。

パンも買うことができます。名古屋土産にいかがですか?

まとめ

ぴく
ぴく

今回は、地元名古屋のコメダ珈琲のモーニングD

カラマンダリンジャムについてお知らせしました。

東海地方の憩いのオアシス。コメダ珈琲。

地元の常連さんを対象にしたギブの精神にあふれた喫茶店です。

コメダ珈琲店は、カフェというより地元の社交場。

ご夫婦や近所のお友達と集まって、コミュニケーションを取る地方ならではの癒しスポットです。

ぴくも367円でまったりしちゃって、客単価下がってますけど、

温かく迎えてくれるコメダ珈琲店が大好きです。

もちろん、名古屋観光にいらっしゃって初めて入店する方も、広々とした店内なので気兼ねなく過ごせます。

名古屋駅のエスカ店は、いつも観光客で大賑わい。

ランチも素敵なのでチェックしてみてください。

気になる期間限定企画も。

珈琲所コメダ珈琲店 (komeda.co.jp)

では、またね。

タイトルとURLをコピーしました